音楽から紡ぎ出す

描いては消えゆく

儚い砂の物語・・・。


サンドアーティスト
Cave-ケイブ /東京都 下北沢
出身地:千葉
 
2015年よりサンドアートを始める。保育園でのライブをきっかけに、企業入社式、パーティーや小学校でのライブパフォーマンス、ミュージシャンのMV制作等行う。また、数々のアートコンテストにおいて多数の受賞歴のあるネイリストでもあり、その長年のキャリアと感性を生かし、サンドアートへの活動を広げる。
さらに、熊本地震で被災した南阿蘇鉄道への支援として、チャリティ―ライブや仲間と作った公認応援ソング「希望の花」の楽曲とサンドアートを通じて支援活動も行っている。

 

【SandArt…】

暗闇で、下からライトを当てながら板版の上に敷いた砂で絵を描き、影絵を投影するパフォーマンス。
 
 1.ライブパフォーマンス
音楽に合わせてその場で展開させる。
 
2.アニメーションムービー
時間をかけて描いた絵など映像編集する。 
 
3.ドローイングアート
似顔絵など、一枚の絵を描いてゆく。
 
などの3種類がある。
 

【Interview…】

「サンドアートの魅力とは?」

描いては消えてゆき、また描かれてゆくところ。時々その残像がうっすら残って思い出のようにも見えます。例えどんなに時間をかけて描いても、一瞬で消してしまったり…。砂の温かさや、人の指で描くぬくもりを感じられるのも、サンドアートならではの魅力だと思います。

 

 

「Cave作品の特徴を教えてください。

ライブやコンサートでは涙される方も多く、サンドアートならではの温かさと、心を揺さぶる作品に定評を頂いております。それは、実体験に基づく「リアルのかけら」を作品の中に入れているからかもしれません…。そこに共感頂けるよう、心に寄り添う作品作りと、心情のリアルを追及してお届けしています。

もちろん、子供達がわくわくするような楽しい作品や、スピード感のある作品にも人気を頂いております。

 

「パフォーマンスをする上で大切にしていることは何ですか?」

とにかく”楽しんでもらう”こと。そして”人の心を満たす”事です。

その為に、サンドアートだけではなく、曲選びや曲順、ステージ構成も大切になります。サポート頂く方々との経験を重ねながら、全てを含めて皆様に楽しんで頂けるエンターテイメントになるよう心がけています。

後者は、以前美容室のオーナーさんにインタビューした中で心に響いた言葉です。心に寄り添うのは何故か、共感とは何か、の答えがここにある気がしています。以来、この事を大切にしています。